コンサルという職業の真実

なぜコンサルになりたいのか

 

このブログをご覧いただいている方は、コンサルという仕事に興味を持っている方が多いかと思う。

そして、そのうちの何割かは、実際にコンサルになりたいという大学生や社会人だろう。

そんな方々は、なぜコンサルになりたいのだろうか。自身がエントリーシートや履歴書に書いた内容を見返しながら、本記事を読み進めると共に、自身と向き合ってほしい。

 

他人のために自身をいじめぬくことができるのか

 

私見だが、コンサルタントとは、

ビジネス的な価値を増幅する分析・知見を提供する人、もしくは、高付加価値な労働力を提供する人

を指すと考えている

 

こう書くと聞こえはいいものだが、結局は専門家がアドバイスをしたり、業務代行をするだけである。

もちろん、クライアントの役には立っているかと思うが、あくまでその主役は自身ではない。

クライアントである。

あくまで手助けをする仕事なのである。

人様の会社の経営のために、あなたはどこまで本気になれるだろうか。

一つのサービスを作ることが大変であるように、一つのアドバイスを作り出すこともかなりの労力が必要だ。(これがコンサルタントが激務になりがちな理由である。)

そしてその結果は、数字で表れることもなければ、世に出る際には大人の事情ですでに別物になっていたりする。

このような激務の中、他社の、それも、血のつながりもなく、人間的に好きか嫌いかわからない相手のためにどこまで本気になれるか。

そして、その頑張りは、どこまで評価されるかわからないのだ。

(だからこそコンサルタントには、人を好きになる能力が必要、などと言われたりする。)

 

コンサルタントになって何がしたいのか、何をなしたいのか

 

それでも、他人のためにコンサルティングを提供したいというのであれば、その門をたたくことをおすすめする。

労働時間が長くてもしたい仕事がある、というのであれば、多少の激務は耐えられるだろう。

でも、本当に大切なのは、したい仕事ではなく、それによって、何を成したいかである。

コンサルティング自体をしたい人は、正直多くないと思っている。

確かに、ある種のひらめきなどが生まれた際は非常に面白い。しかし、そのようなひらめきが生まれることも、クライアントに受け入れられることも多くはない。(特に大手企業は、ひらめきや、前例がないことを非常に嫌がる。)

誰がやっても同じ答えになるようなソリューションが最も求められる業界なのだ。

だから、多少面白くない「作業」でも、それによって得られるあなたの「価値」が大きいようであれば、応募すべきだと思う。

 

多くのコンサルタントはやめたがっている

 

様々な夢を持って入社したコンサルタント。

私もそうだし、私の周りもそうだ。

だが、彼らの多くが口をそろえて言うのは、

 

やめたい

 

という言葉だ。

たまに毎日たのしい、と言っている人もいるが、やはり少数派であると思う。(本音かどうか定かでない)

腰かけ的に入社する人も多く、また、自身のイメージと実体が異なることでストレスを感じている人も多いようだ。

 

コンサルタントがかつて求めていたもの

 

彼らが求めていたものは、おそらく、顧客に悠々とアドバイスする姿だったのだろう。

自身の提言で、世界が変わっていく様だったのだろう。

だが、彼らが本当にやっているのは、業務代行に近いところだ。

先生職、というよりかは、分析の代行、アイデア創出の代行だ。

マインドセット次第かもしれないが、多くの人が求めていたのは、「業務代行」ではない。

もちろん、分析結果や提言は参考にされる、だが、クライアントにも様々な事情があり、そこらさらに手を加えられ、

まったく変革を起こさない何かに変わっていく。

 

改めて、本当にコンサルになりたいか

 

とはいえ、一度はなってみないとわからないというのが本音である。

また、コンサルティングファームで身に付いたシンキング、資料作成能力、分析手法はどの会社のどの事業・業務でも大抵役立つと思う。

その意味では、3年程度修行半分で入社するのもいいだろう。

というか、そういう人が多い気がする。

 

長時間労働であるがゆえに、他の3年目と比較して、ビジネススキルは大きく成長できるだろう。

その意味では、若いうちに就職・転職することは良いかもしれない。

だが、コンサル職への憧れ(誤ったイメージ)を叶えるための入社は、避けることを強くおすすめする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です