コンサルティングって?~コンサルに高学歴が多い理由~

コンサルタントは詐欺師?

事業会社に勤める人や学生の方、公務員の方々には、

コンサルタントって何やってるの?

という疑問を持つ方も多いはずだ。

ある日、初めて会った女の子に
「コンサルタント!?知ってる!!詐欺師でしょ!?」
と、指を指されたことを今でも覚えている。
どうやら、彼女のTwitterに、
「売れっ子コンサルタントです。楽して稼ぎませんか?」
とDMが来たようだ。
(激務なコンサル職を楽して稼げるだと、、、という怒りは別の記事にて。)

最近のコンサルタントは、、、

結論から言おう。
最近のコンサルタントは、

金がもらえればなんでもする

そもそもコンサルタントとは何か、
私の考えとしては、

クライアントの経営・業務状況を改善する人

であり、
コンサルティング業務は、

クライアントの経営・業務状況を改善する案・ツール・行為等を提供すること

なのだ。

よって、上記の内容に該当する仕事であれば、なんでもする。
コンサルタントに何をやっているか、
と聞くと、彼らが「う~ん。」と言いあぐねるのは、
『特定の領域だけ、これだけをやる』というわけではないからだ。
クライアントの業界はもちろん、問題も様々なのだから。

コンサルタントに求められる能力

ここにコンサルティングの難しさ、そして、楽しさがある。
まったく知らない業界や業務に対して、改善案を出すのだ。
それも、その道のプロに対して。
その道のプロに対するアドバイスを出すには、
先方の希望・状況を瞬時に理解・整理する能力が必須となる。
コンサルティング業界には高学歴が多いが、
理解・整理能力はやはり高IQが必要であり、
気が付くと高学歴になるのではないか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です