パワーポイントの構成~ストーリー整理方法編~

最も伝わりやすいストーリーとは

前回、パワーポイント作成にあたり、伝えたいことは何かを定めることが肝要という話をした。
今回は、伝えたいことを伝えるためのストーリー整理方法について説明する。

ストーリー自体の作り方

ストーリー自体の作り方については前回述べた通り、人によって差がある。
私のストーリーの作り方は前回を参照してほしい。

ストーリー整理の必要性

パワーポイントを作成していると、見た目や細かい文章が気になってしまう。
そうすると、段々と何が伝えたいかがわからなくなってくる。
よって、まだパワーポイントは立ち上げない。
そこでは、どうやって整理するのか。

wordで整理しよう

私は、wordで整理するようにしている。
議事録作成の詳細で述べるつもりだが、
議事録作成では、話のひと塊がわかるように、段落を使って作成する。

■xx小学校の特進クラス編成
⇒担任
・xx塾での経験から、xx先生
⇒生徒
・成績xx以上の生徒
・男女編成は同数の必要なし
・xxx

簡単に言うと、上記のようなものである。

これを、パワーポイントのストーリーラインにも当てはめるのだ。

逆に、上記の例は、そのままプレゼンに用いることができる。
本日はxx小学校の特進クラス編成案について述べたいと思います。

担任はxx先生を想定しています。理由としてはxxであり~

続いて、生徒選出についてです。まずは、対象生徒となる条件ですが、、、

といった形になる。
見た目や細かい日本語よりも、文字情報だけの方が十分に理解しやすいのだ。
ぜひ、皆さんも、プレゼンの機会がある場合には、一度wordに落とし込んでみてほしい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です