パワーポイントの構成~全体構成編~

パワーポイントを閉じよう

前回も述べたように、プレゼン資料を作成する際にはまず、パワーポイントを作ろう。

言いたいことは状況によりそれぞれだと思うが、その影響を十分に吟味した上で、
どのように何を伝えるべきかを考えたいと思う。

見栄えは後で

見栄えがいい資料は非常に良い。
見ている人は、何かいい考えが発表されるのであろうと、期待が湧いてくるからだ。
ところが一方で、中身がすっからかんであれば、その期待は一気に転落するのだ。
当たり前だが、先方はアートを楽しみに来ているわけではなく、その中身、
現在の状況を改善するそのソリューションを求めているのだ。

わかりやすい資料構成

これは人によって異なるだろうが、
コンサルタントはそれぞれ、発表の型、のようなものを持っている。
人によってはたとえば、起承転結、かもしれない。
私の場合は、

  1. 現状確認(問題確認)
  2. 原因特定・課題設定
  3. 影響度推測を含む施策の立案と優先度の設定
  4. スケジュール策定

大体このような流れでいつも資料を作成している。
(ここからかなり細分化していくことになるのだが。)

難しく考えることも、難しく伝える必要もない

あれ、なんだか簡単だな、と思った人もいるかもしれない。
それでいいのだ。
難しく考えて得られるものはない。
数字には細かくこだわる必要があるが、全体のストーリーラインについては、
とにかくわかりやすさ重視だ。
目的を振り返ってみよう。
あなたは先方に何かを伝えたくてプレゼンするはずだ。
そうであれば、難しく考えることも、伝える必要はない。
このようの無理難題を、絡まった糸を解き切って、
簡単ですよ、大丈夫ですよ、と言ってあげよう。

それが、相手にとっての、あなたとあなたのプレゼンのバリューになるのだ。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です